読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面会交流について

子どもは双方の親に愛される権利を持っています。そのために存在する権利が「面会交流」です。

よく勘違いされるのが、「親」が子どもに会う権利と思われている点です。あくまで主体は子どもです。なので、監護親は子どもの権利を守るためにそれを行う義務を背負います。欧米ではその義務を負うことから転居の自由が制限されたりもします。

しかしまだ日本ではその考えが薄いようにも思います。

監護親との生活が優先され、極端に言えば監護親が何かにつけて言い訳すれば会わせないこともまかり通ってしまうのが現状です。